世界5カ国で特許取得「アイサポートめがね」

アイサポートメガネとは
アイサポートめがねとアイマスク
アイサポートめがねを掛けると
アイサポートめがねの効果

「アイサポートめがね」の3つの特徴


『アイサポートめがね』をかけているだけで、ピント調節を行なう遠近運動が自然に。

掛けているだけで、眼のトレーニングが自然に行なわれる!

実際の眼筋訓練を試した方はお分かりでしょうが、その時間と努力は大変なもの。結局続かなくて、あきらめた人が多いのでは。『アイサポートめがね』をかけると、レンズの黒い膜が濃くなったり薄くなったりして見えます。目は、濃くなった時にはレンズを、薄くなった時には穴を通して遠くを見ることに。つまり、『アイサポートめがね』をかけているだけで、ピント調節を行なう遠近運動が自然にできてしまうのです。


ハードな眼筋訓練も、
短時間でOKに!

まともにやれば、毎日1時間以上かかる強化訓練も『アイサポートめがね』を使えばわずか5〜6分で済むので毎日続けることが可能です。
「アイサポートめがね」を利用することによって虹彩筋などの眼筋トレーニングになるという点についてですが、「アイサポートめがね」から入る光を見る目は常に明るい部分と暗い部分を見分けています。これは目の中に入る光の量に常に変化があらわれているということでもあるので、光の調整を行う虹彩筋などが通常よりも働く状況を作り上げることができるのです。筋肉は活動すればするほど鍛えられるので、このことから「アイサポートめがね」を使うと眼筋が鍛えられるというわけです。

長続きしない眼筋トレーニング?
老眼の方も、手元の新聞が読みやすくなる。

TVやゲーム時の低下予防に使え、
老眼鏡より快適!

テレビやゲーム時、目の焦点を調節する毛様体筋は緊張しています。それが続くと視力低下の原因となります。
「アイサポートめがね」の形状を見てみるとわかるのですが、無数の小さな穴が通常のメガネのレンズの部分にあけられています。これによって毛様体筋を使わずとも網膜に焦点を合わせられるようになります。毛様体筋を使わないで焦点の調整ができるということは、毛様体筋を休めることにもなり、これが「アイサポートめがね」の毛様体筋を休める効果があるという部分に繋がっているのです。だから、テレビやゲーム時に掛けると、毛様体筋は緊張せず疲れにくくなります。
皆さんの中に目を細めた時に遠くがよく見えるというような経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。「アイサポートめがね」の原理はこれと全く同じ原理で、光源がメガネにあけられている小さな穴を通ることによって入る光の量が限定され、水晶体を通る光の屈折を少なくすることができるのです。屈折が少なくなるということは焦点の距離も長くなり、より遠くのものが見えるというわけです。また、老眼の方は、「アイサポートめがね」をすると新聞も読みやすく、目に負担がかからなくなるのです。

アイサポートめがね、どう見える
パソコンで目が疲れる。
アイサポートめがねの使い方
アイサポートめがね愛用者の声
アイサポートめがね・類似品に注意
アイサポートめがねイメージ