子どもの視力回復法!

 

「アイパワー」による視力回復法は超簡単。
5歳のお子様でも使用できます。

 

 視力ケアセンターがおすすめする超音波治療器「アイパワー」を使った視力回復法は、超カンタンです。
 1日1回10分間、まぶたの上から「アイパワー」をあてるだけ。器械が発振する超音波エネルギーによる“マイクロマッサージ”で、
(1)毛様体筋のコリをほぐし、弾力を取り戻します。
(2)血行を良くするなど・・・。
 によって低下した視力が改善され健康な眼に導きます。
 眼科医グループによって研究開発され、厚生労働省に承認された信頼の医療機器です。
使用中、音はしますが、痛みはまったくなく、副作用もなく、お子様でも安心して使用できます。
 
 

アイパワーの使用手順
 
アイパワーは本体上部に市販の三脚をとりつけられるネジ穴つき。固定して利用すれば、小さなお子様でもつかえます。

学校検眼でD判定。でも、メガネは……。

 学校では春になると身体検査が行われます。学校検眼とは、学校で測る視力のこと。
 一般的な視力検査は、0.1から2.0で記録されますが、学校検眼の場合は、ABCDの4段階で検眼通知書に記録されます。
 お子様がD判定でメガネを掛けるようにすすめられたが……どうしょう?
 メガネを購入する前に、超音波治療器「アイパワー」を体験してみませんか。
 いま、視力ケアセンターではアイパワーによる「視力回復法・無料体験会」を随時開催しています。
 その場で、アイパワーの効果を確認できます。
「近視になったら直らない」といわれていますが、そんなことはありません。
 アイパワーを愛用されている方には、お子様も多く、回復実績も多数あります。
メガネの使用前に、アイパワーを試してみませんか?

星が見える!鳥が見える!


長坂 瑠美子さん(6歳)
使用前/両眼0.09→2カ月後0.4
6歳の子どもに眼鏡を掛けさせたくないという思いで、アイパワーに願いをかけました。子どもも自分から、朝夕2回、10分間アイパワーを使用していました。その成果は、「星が見える!」「鳥が見える!」と視力回復をとても喜んでいます。(母)

5ヵ月で、視力が0.3から1.0に!


竹内健介さん(13歳)
使用前/両眼0.3→5カ月後1.0
小6の視力検査で、今まで1.0を越えていた視力が0.3まで下がっていたことを知りました。それからも視力は低下を続け、学校の授業やテレビを見るときなどに不自由を感じるようになりました。そして、母の友人に紹介されてアイパワーを始めました。始めた時は視力は両目とも0.15でした。決められた回数はできなかったものの、時間を見つけて少しずつやり、5ヶ月程で、元の視力に戻り、その視力を維持することができています。アイパワーにとても感謝しています。

黒板の文字がハッキリ見える!


高川菜穂さん(11歳)
使用前/両眼0.3→7カ月後1.2
私は、アイパワーを使う前、学校の視力検査で右0.3、左0.2、両眼0.4と、とても視力が悪く、黒板の文字がぼやけて、あまり見えませんでした。メガネを掛けたくなかったので、アイパワーの体験をしました。すると一番後ろの席でも黒板の文字がはっきり見えるようになりました。いろいろな字や絵が見えるようになって、とてもうれしいです。

視力回復では、アイパワーの“力”に頼りっきりではなく、生活習慣も見直しましょう。

 

 一度回復した視力がアイパワーの使用をやめたとたんに、まるでダイエット後のリバウンドのように、元にもどつてしまうということはありません。もちろん、油断は禁物です。ふたたび目を酷使する生活にもどってしまえば、目が疲れて視力が下がってしまう可能性はあります。
 視力を低下させないためにも、テレビやTVゲームのつきあい方などを見直し、目に良い生活を心がけることが大切です。
 アイパワーの使用で目標の視力を取り戻した後のケアとしては、週に1~2回程度のアイパワーの使用をおすすめしています。腕立て伏せや腹筋で筋肉をつけたら、次はその筋力を落とさないペースを心がけるのがコツです。

アイパワーによる「視力回復法・無料体験会」にご参加ください。

「無料体験会で効果を実感できるのでしょうか?」という質問をよく受けます。早い方は、1回の使用だけでびっくりするほどアップされる方もいらっしゃいます。その場で効果を確認でき、継続使用したほうがよいかどうかもわかります。
「視力回復法・無料体験会に参加したいが、会場が遠方で参加できない」「時間がとれない」などの理由で、断念されている方、一度、ご相談ください。有料ですが、自宅で2週間、アイパワーを試せる「2週間レンタル」などのコースもご用意しています。


超音波治療器「アイパワー」

無料体験会の詳細と申込