今話題の視力の悩み…スマホ老眼!!

ピント調節がスムーズに行えないスマホ老眼!

  いま、スマホ利用者は、日本の人口の6割を超えています。こうした中、20、30代なのに「手元の文字が見づらい」「近くのものにピントが合わず、視界がぼやける」といった老眼のような症状に悩む人が増えています。
 スマートフォンなどが関係しているとみられ、「スマホ老眼」と呼ばれています。
「ふと電車の中で雑誌や腕時計を見たりするときに、文字がぼやけて目をしかめてしまう」
とは電車通勤している30代の山根和彦さん。こんな症状が出るのは主に夕方だとか。職場でパソコンを使うほか、営業で外回りする際もスマホでのメール確認や情報収集に余念がないそうです。仕事が終わっても、スマホは手放せない。山根さんのように1日中スマホを見続けているという若い世代も少なくありません。
 近くのものにピントが合わないとは、まるで老眼のようです。年を重ねた人がなるものと思っていた老眼なのに、老眼の初期症状のような悩みを抱える20、30代が増えているのです。視力には特段の異常はないのですが、ピント調節がスムーズに行えないのが特徴です。

一時的なものですが、
繰り返すうちに重症化するケースも!

  近くを見る際は、毛様体という筋肉の働きで、レンズの役割を果たす水晶体の厚さを変えます。老眼は加齢に伴い、水晶体が硬くなったり、毛様体が衰えたりして、ピント調節ができなくなる現象です。40歳ぐらいから兆候が出ます。
 一方、スマホ老眼は、医学的には「調節緊張」と呼ばれる症状です。近くを見続けるなどした結果、筋肉が凝って、ピント調節ができなくなるのです。老眼ではなく、ほとんどが一時的なものですが、繰り返すうちに重症化するケースもあり、注意が促されています。重篤化すると、ピントが固定されたままになることがあるのです。
 パソコンでも同様の症状は起こりますが、スマホの場合、短い距離で、小さな画面内の文字を凝視するため、よりなりやすいのです。
 現代はスマホのほか、パソコンやタブレット、ゲーム機など、目の近くで用いる機器であふれています。老若男女が長時間見つめています。目にとっては、今まで経験したことのない過酷な社会です。
 それだけに、目への影響だけでなく、心身のバランスを崩したり、仕事や学習能率の低下につながったりするケースもあるのです。とくに心配なのは子どもへの影響です。長時間の使用を控え、目のケアに関心をもつように心がける必要があります。
 対策としては、


●目とスマホの距離を40cm以上離すこと。
●パソコンやスマホを1時間続けたら10~15分休み、遠くの景色をながめること。
●目をマッサージしたり、蒸しタオルで眼の血行を促すのも疲れを取る効果があります。
●気がついたらまばたきをしておく(スマホを凝視していると、まばたきの数は驚く程少ない)。

 このように重篤化する前に対策を!

アイパワー
無料体験会
《サイドメニュー》
トップページ

□視力回復法・無料体験会とは
無料体験会申込みフォーム
無料体験会_京都市
無料体験会_静岡市駿河区 

□無料体験会_平塚

無料体験会_小田原

無料体験会_静岡市葵区

□無料体験会_八王子
無料体験会_町田
無料体験会_多摩市_麻生区
アイパワー
目のサプリ・アイタミン

□アイサポートめがね
アイパワー療法とは

□アイパワー愛用者の声

□子どもの視力回復法

□老眼対策パート1
《サイドメニュー2》
会社案内

視力回復総合システム
プライバシーポリシー

□特定商取引に基づく表示

□目の悩み相談

視力検査表

□視力ケアBlog

Orico Webクレジットの解説

□アイパワーマン
《サイドメニュー3》
子供の目を良くするための知恵
子供はなぜ近視になるのか

□超音波治療器とは?

□超音波治療器とは パート2

□ドライアイから目を守る知恵

□スマホ老眼とは?
目に良い栄養素とは?

眼精疲労を防ぐ超音波治療器!

眼精疲労の予防方法とツボ療法!

パソコンで目が疲れた時に

視力回復体操・視力回復トレーニング

仮性近視に効果的なツボ療法

動体視力などの視覚トレーニング方法

□運転免許証更新で「視力検査」にパスするために
視力回復体操とトレーニング
眼精疲労のツボ療法
子供の目を良くするための知恵